本文へスキップ

電話でのお問い合わせはTEL.027-231-3170

〒371-0032 群馬県前橋市若宮町2-5-3

研究についてresearch

平成26年度 研究紀要(一部)
研究主題
 友達とかかわる力をはぐくむ保育
  ー全ての幼児は『感じて』いるー


研究のあゆみ

 本園では創立以来,「幼児の実態に即した保育」「幼児期に必要な教育」などを問い続けながら継続的に研究に取り組んできている。以下に,昭和55年度以降のあゆみを記す。

昭和55年度  自発性をいかし,それを育てる指導
   56年度  自発性をいかし,それを育てる指導 −思い思いの遊びに視点をあてて−
   57年度  自発性をいかし,それを育てる指導 −思い思いの遊びに視点をあてて−
   58年度  自発性をいかし,それを育てる指導 −幼児と幼児のかかわりとそれを深める保育者の働きかけ−
   59年度  自発性をいかし,それを育てる指導 −思い思いの遊びの構造と他の活動との関連−
   60年度  自発性をいかし,それを育てる指導 −異学級異年齢の幼児同士の交流に視点をあてた思い思いの遊びの構造                                  と他の活動との関連−
   61年度  豊かな人間性を求めて−異学級異年齢の幼児同士の交流に視点をあてた思い思いの遊びと他の活動との関連−
   62年度  豊かな人間性を求めて −幼児の内面理解に努めながら一人一人を育てる援助の在り方を探る−
   63年度  豊かな人間性を求めて −「感じる心」人とのかかわり合いに視点を当てて−
平成元年度  豊かな人間性を求めて −新教育要領に基づく教育課程編成の試み−
    2年度  豊かな人間性を求めて −新教育要領に基づく年間指導計画の作成−
    3年度  豊かな人間性を求めて −幼児の発達の課題と指導計画 その1−
    4年度  豊かな人間性を求めて −幼児の発達の課題と指導計画 その2−
    5年度  豊かな人間性を求めて −幼児の発達の課題と指導計画 その3−
    6年度  幼児期にふさわしい幼稚園生活の創造 −幼児にとって必要な環境の構成−
    7年度  幼児期にふさわしい幼稚園生活の創造 −家庭との連携−
    8年度  幼児期にふさわしい幼稚園生活の創造 −小学校との連携−
    9年度  幼児期にふさわしい幼稚園生活の創造 −保育の評価と教育課程の見直し その1−
    10年度  幼児期にふさわしい幼稚園生活の創造 −保育の評価と教育課程の見直し その2−
   11年度  幼児期にふさわしい幼稚園生活の創造 −保育の評価と教育課程の見直し 最終年度−
  12年度   幼児の発達を支える保育の在り方を探る −その1 自然とかかわって育つ幼児−
  13年度  幼児の発達を支える保育の在り方を探る  −その2 ティーム保育の考え方を取り入れた学級の経営T−
  14年度  幼児の発達を支える保育の在り方を探る  −その2 ティーム保育の考え方を取り入れた学級の経営U−
      15年度  幼児の発達を支える保育の在り方を探る  −その2 ティーム保育の考え方を取り入れた学級の経営V−
      16年度  幼児の発達を支える保育の在り方を探る  −その3 連続する教育課程・幼稚園と小学校T−
      17年度  幼児の発達を支える保育の在り方を探る  −その3 連続する教育課程・幼稚園と小学校U−
      18年度  幼児の発達を支える保育の在り方を探る  −その3 連続する教育課程・幼稚園と小学校V−
      19年度  幼児の発達を支える保育の在り方を探る  −その4 幼児の心をとらえる園庭の環境T−
      20年度  幼児の発達を支える保育の在り方を探る  −その4 幼児の心をとらえる園庭の環境U−
      21年度  幼児が試したり工夫したりしながら,自らの思いを実現する保育の在り方
      22年度  幼児が試したり工夫したりしながら,自らの思いを実現する保育の在り方
  23年度  思考力の芽生えを養う環境の構成の追究 −<もの>とのかかわりに着目して−
  24年度 友達とかかわる力をはぐくむ保育 ー思いを伝え,遊びを深めるー
  25年度 友達とかかわる力をはぐくむ保育
  26年度 友達とかかわる力をはぐくむ保育 ー全ての幼児は『感じて』いるー



information

国立大学法人
群馬大学教育学部附属幼稚園

〒371-0032
群馬県前橋市若宮町2-5-3
TEL. 027-231-3170
FAX. 027-231-3163